今度は毒ガス騒ぎ!:This Time Was Poison Gas Happening! – 3月 11th, 2010

 

今度は毒ガス騒ぎ!

結果から先に言うと私の部屋は『安全!』でした。

 

今日、英語の学校にいると珍しく携帯電話がブルブル・・・。

図書館で勉強中の夫からです。

電話に出ると

今住んでいるアパートの1階から毒ガスが出たとのこと。

「毒ガス〜!?」

しかも私達が住んでいる部屋の真下の部屋のヒーターから。

ビ〜ックリ仰天!!

過去にそんな経験ありません。

ちなみに経験があるのは

ハンティントンビーチの火事騒ぎと鵠沼の空き巣事件のみ!

 

今日は今期お休み中の発音クラスに急遽、出席。

韓国のSさんのお付き合い。

終わって急いで家に帰り、鼻を敏感にして恐る恐るドアを開けます。

臭いはありません。

そしてしばらくすると消防車が家の前に。

IMG_6201 消防車<p><p><p>

「大家さんが行くけどビックリ!しないように」

とは言われたけれど

まさか消防車が来るとは・・・。

 

そして2人の消防士さんと大家さんの3人が部屋にやって来ました。

まずはドアと全ての窓を閉めます。

そしてヒーターをつけて、毒ガスチェック!

その結果

「この部屋は問題ないから」

と和やかなムードで帰ろうとするので

「ちょっと待ったぁ〜!」

と必死に声をかけ

「ガスは下から上に上がってくるでしょ?この部屋は大丈夫?」

というような質問を片言英語ですると、このガスは

『見えない』

『臭わない』

『感じない』

と言います。

余計危ないじゃない!!

とビックリ!していると

「もし!(常時コンセントに差し込んである)毒ガスセンサーが反応したら・・・」

『窓を開ける』

『ヒーターを消す』

『外に逃げる』

『911に電話する』

と・・・。

えぇ〜!?再度ビックリしたと同時に非現実過ぎて思わず笑いが・・・。

でも笑い事ではない!とすぐ真顔に戻すと

大家さんが

「これから下の部屋のヒーターを直すから大丈夫」

と・・・。

IMG_6204 消防車<p><p><p>-2

消防車は帰っていきました。

 

毒ガスは出ていなかったので、まずは安心ですが

先週の煙が出た掃除機にこの毒ガス騒ぎ。

なんだか落ち着いて生活できない今日この頃です。

 

“消防士”の言葉についてはこちら↓↓↓をどうぞ。

Cerulean Sky from Monterey

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>

 

6 Comments

6 Responses to “今度は毒ガス騒ぎ!:This Time Was Poison Gas Happening!”

  1. Yoriko より:

    なつかしいわ
    アメリカの消防車
    アラームが鳴って一週間に何度も来たっけね。。。

    なんともなくってよかったぁ!って思ったけど
    なんともないの・・・?
    ヒーターって日本で言う「都市ガス」?
    っちゅーことは ガス漏れってこと?

    *大家さん この際全室ヒーターの入れ替えお願いしますよ!

  2. ヴィヴィアン より:

     ↑ ですよね~Yorikoさん。
    emikoさんはセンサーとにらめっこの日々ですね~

    私も消防車とか救急車、良く見かけたのは
    家の近くのアイスクリームショップ。
    凄く美味しいと地元では有名なお店だったけど
    パトカーは当たり前で、消防士や救命士が
    食べてると、複雑な気持ちで上目使いで見てました。。。
    仕事中?何でもなかった?とか気になりながら。。。

  3. Kuma より:

    無事でなにより!

    次から次へと色んな事が起きるねぇ(笑)
    これじゃぁ、英語喋らない訳いかないよねぇ。

    波瀾万丈な生活・・・・
    一生天中殺の私は不安定な状態が落ち着くらしいから
    まさに、私はそっちに行くべき!だよねぇ(笑)

  4. Emiko より:

    Yorikoさん

    ボストンの消防車は・・・。
    あれじゃ、本当のときが怖いよね。
    今でもそうなのかなぁ!?

    「何ともないの?」
    この質問、私も聞きたいところだわ。
    しばらくは朝「生きてる!」と確認する日々なのかしら!?

    都市ガス?だかなんだか?わからないの。
    口火は常についているの、消えないみたい。
    去年の夏、ヒーターが暖かいからビックリして
    大家さんやハンディーマンに聞いてもらったら
    アメリカでは、そういうものだって。

  5. Emiko より:

    ヴィヴィアンさん

    はい!当分は睨めっこします。
    これって、音が出るんですよね。
    光だけじゃ意味ないですもんね。

    パトカーならわかる気がするけれど
    消防士に救命士までですか〜?
    まぁ、それはそれで平和な証拠ですけれど
    なんだか気になりますよね。

  6. Emiko より:

    Kumaちゃん

    ありがとう、生きてる。
    しかし本当に次から次へと・・・。
    この1年に起きた出来事って
    日本にいた頃のの10年分?いや20年分?
    それより、そもそも日本では有り得ないことばかり!
    波瀾万丈って言える?
    このドタバタコメディみたいなものでも。
    英語は話せるに聞き取れるにこしたことないわぁ。

    それにしても
    「不安定な状態が落ち着く」
    っていうのも変な話しだけど
    なんだか妙に納得しちゃうね(笑)

Leave a Reply

Leave a Reply

or chancel



Ads by Sitemix