フライヤー作り:Making A Flyer – 5月 21st, 2010

 

欠席中の英語学校のM先生からうれしいメール♪が来ました。

 

“We NEED YOUR HELP AT SCHOOL!!!!

We’re having our annual AWARDS ceremony

on Thursday June 3th @ 6 p.m. (in the Multi)

and would LOVE it if you might be able to make a nice flyer for us???”

 

6月にある英語学校の表彰式のフライヤーを作ってほしいとのこと。

「もちろん!喜んで」

と返事をし、作品展の作品が終わり次第作ることに。

 

デザインは?

サイズは?

カラーまたは、モノクロ?

大文字・小文字の確認等々

言葉がわかれば電話で済む話ですが

そこが悲しいかな・・・

月曜日、確認のため

先生に会いに久しぶりに学校ヘ行ってきました。

 

そのときに、とりあえずどんな感じかなと

練習がてらいくつかの書体で書いたものを持って・・・。

するとそれを見たお二人の先生は

「なぜ同じ言葉がいくつも書いてあるの?」

と、それが完成品だと大きな勘違い。

練習であることを伝え、納得してもらいましが・・・。

 

そんなわけでデザインは文字のみ。

色は黒。

というシンプルなフライヤーでいいとのこと。

 

書体は、読みやすいイタリック体で書きました。

“ESL AWARDS CEREMONY”

これはメインの言葉になるのでコントラストをつけるため

ローマンキャピタル体で書きました。

 

今日早速、気持ちを引き締め

仕上げました。

IMG_7398 Flyer

来週の月曜日に渡す予定です。

 

しばらくお休みしていたもう一つのブログ

Cerulean Sky from Monterey

こちらも今日から復活しましたので

またよろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ<p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p><p>

 

Tags: , ,

8 Comments

8 Responses to “フライヤー作り:Making A Flyer”

  1. Kuma より:

    すごいねぇ!
    まるでプリントされた物みたいだぁ。
    ところで、フライヤーって???
    揚げ物の機械じゃないよね(笑)

  2. jazzy より:

    お〜、美しい!!

    で、フライヤーと言えども、原盤1枚?

    コピーするの?

    その1枚を貼り出すの?

    もったいないね〜。

    三浦クラスで得た技術で、いろいろ出来るのにね!!

    今日偶然にTamakichan, Takedajyo, Nakagawajyosiに会ったの!!

    Miuraクラスが第3金曜日の午後になったのですって!!

    課題は麦茶だった。

    なんか会えてうれしかった!

    またみんなで会えるといいね!

  3. Yoriko より:

    よくできたねぇ~!

    なんだかemikoの いっちばぁ~~~ん最初にやった仕事
    「●●英会話学院」のサーティフィケート思い出しちゃった。
    かれこれ20年近く前だよねえ?

  4. ヴィヴィアン より:

    素晴らしい!!格調高くてAwardsにぴったりですね!
    先生も学校もマヒナちゃんのおかげで助かっちゃうね~

  5. Emiko より:

    Kumaちゃん

    どうもありがとう。

    久しぶりに白い紙に黒の絵の具
    気持ちが引き締まりました。

    「フライヤー(Flyer)」は「チラシ」のことなの。
    「揚げ物の機械」とは、ちょっと笑わせてもらいました♪

  6. Emiko より:

    jazzyさん

    ありがとうございます!
    jazzyさんにそう言ってもらうと
    と〜ってもうれしいです♪
    それでこのコメントを読んで
    スキャンをしておくことにしました!

    三浦クラス金曜日の午後に!?
    それは、うれしい♪偶然でしたね。
    私もまたみなさんとお会いできるのを楽しみ♪にしています。

    それにしても「麦茶」とは
    また難しそうな課題だけれども
    なんだか、懐かしいです。
    そして「麦茶」と聞いて
    とっさに「どうしよう?」と思ってしまうのは
    条件反射でしょうか?(笑)

  7. Emiko より:

    Yorikoさん

    ありがとう!

    いつもの、のほほ〜ん♪とした気持ちではなく
    ビシッ!とした気持ちで書きました(笑)

    「●●英会話学院」のサーティフィケートとはまた懐かしい。
    「20年近く前」と読んで「えっ!?」と思ったけど
    指折り数えたら・・・。
    時が経つのは本当に早いです。

    そういえば!あのときはまだ
    イタリック体とアンシャル体しか習っていないときだった!
    なんて無謀な・・・。

  8. Emiko より:

    ヴィヴィアンさん

    ありがとうございます!

    今回は表彰式のフライヤーなので
    フォーマルにしました。
    レイアウトも中心揃えにして・・・。

    いつも思うことですが
    自分ができることが役に立つのはうれしいことです。
    そして今回私を思い出してくれた先生方に感謝です。

Leave a Reply

Leave a Reply

or chancel



Ads by Sitemix