お悔やみカード:Sympathy Card – 7月 18th, 2010

 

グリーティング・カードは、アメリカでは欠かせない存在です。

お誕生日、結婚祝い、出産祝い、クリスマス、卒業、母の日、父の日

バレンタイン、結婚記念日、お礼等々・・・

とても頻繁にカードを送ります。

 

そして最近、もう一つ大事なカードがあることに気がつきました。

それは、”Sympathy Card”(お悔やみカード)です。

 

春に父を亡くしましたが

アメリカに戻ってからお悔やみカードをいただきました。

その後、Sea Scribesのメンバーのご家族が亡くなったときには

ミーティングのときにみんなで一言メッセージを添えて・・・。

先月のクラフト・フェスティバルでは

お悔やみカードのオーダーをいただきました。

なぜか?日本語も書き入れてほしいという希望で。

IMG_8017 Sympathy Card

“Sympathy

心からお悔やみ申し上げます

from the bottom ob my heart”

「心の底からお悔やみ申し上げます」

 

そして最近また知り合いのお母様が亡くなったので

カードを送ります。

IMG_8091 Sympathy Card

“With Sincerest Sympathy

from the bottom of my heart”

「心の底からお悔やみ申し上げます」

 

作ったカードは、どちらもブルー系

でもさびしくならないように飾りのラインを入れました。

受け取る方の気持ちを考えながら・・・。

 

今日、ドラッグストアヘ行ったついでに

改めてお悔やみカードのコーナーを見てみると

実にたくさんの種類のカードがあり、驚きました。

実際に数えたわけではありませんが

40〜50種類はあったのではないか!?と思います。

もしかしたら、それ以上かも!?

 

やはり色は、ブルー系。

デザインは、シンプル。

モチーフは、お花や木が主でしたが、貝殻のモチーフもありました。

ところが中には

ピンク系、オレンジ系のお花のデザインのカードも!

言葉を読まなければ

結婚お祝いか、お誕生日カードかと思ってしまいそうです。

 

今までカリグラフィーでグリーティングカードを作ってきましたが

これからは、”Sympathy Card”(お悔やみカード)のことも

考えていかなければいけないと思いました。

 

=作品展のお知らせ=

第4回 カリグラファーズ・ギルド作品展開催 

・2010年7月19日(月)~7月25日(日)ギャラリーくぼた・中央区京橋

・2010年8月31日(火)~9月 5日(日)西宮市市民ギャラリー・兵庫県

 

 

日々の生活の中で少しずつ覚えていく英語を書いたブログです。

こちら↓↓↓もどうぞ。

Cerulean Sky from Monterey

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ にほんブログ村

 

Tags: , , ,

2 Comments

2 Responses to “お悔やみカード:Sympathy Card”

  1. y.y より:

    お悔やみカード、なるほど。ただお香典を渡すのでなく、カードを添えるのも,気持ちが伝わるかも・・・・

    ギルド展、行けないかも、と、思ってたんですが、荻窪に住んでる娘のところに用事ができて、大急ぎで行ってきました。たくさんのすてきな作品を一度に見ることができて、よかったです。もち、先生のもね。あ、先生らしいな〜、と、思ったのと、先生にしては珍しい?字体で、これも、いいなぁ〜と、思ったり・・・好きな配色ですね。手書き、がんばろ、と、またまた口だけ女のわたしです。

  2. Emiko より:

    y.yさん

    ギルド展行かれたのですね。
    娘さんの用事があってよかったですね。
    きっと素敵な作品が勢揃いだったんでしょうね。

    私は最近書体が偏っていたことや
    今回は文章を読んでいただきたかったなど
    いろいろ悩んだ挙げ句あの書体を考えました。
    でもやっぱり『◯』から離れられませんでした(笑)
    色はやっぱり好きな色になってしまいました。

    お悔やみカードは実際にいただいて
    うれしかったです。
    それにしてもアメリカのカード売り場
    ものすご〜い広さですよ。

Leave a Reply

Leave a Reply

or chancel



Ads by Sitemix