ロシュ・ハシャナ:Rosh Hashana – 9月 8th, 2010

 

昨日の英語クラス。

B先生がケーキを作ってきてくれました。

IMG_9740 Cake

—Apple Sauce Cake—

 

そのワケは・・・

今日の日没からユダヤ教の新年

Rosh Hashana(ロシュ・ハシャナ)だそうです。

なぜ今頃か?

それは、Lunar Calendar(太陰暦)で数えるらしいのです。

そして今年はなんと

5771年

と聞いてビックリ!

 

そして新年には

ハチミツの甘〜いケーキを食べる習慣があるそうです。

それはなぜか?

スウィートなものを食べると、スウィートな年を送れるとか。

ちゃんと意味があるんですね。

なんだか日本のおせち料理を思い出しました。

 

ちなみに、このケーキはハチミツではなく

アップルソースを使ったそうです。

先生はハチミツよりアップルソースの方が好きみたいです。

 

そして最後に

「みんなスウィートなケーキを食べたから

スウィートな年が送れるわ」

81歳を過ぎた大好きな英語のB先生。

やさしい心遣いに感謝です。

Thanl You!

 

 

日々の生活の中で少しずつ覚えていく英語を書いたブログです。

こちら↓↓↓もどうぞ。

Cerulean Sky from Monterey

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ にほんブログ村

 

Tags:

2 Comments

2 Responses to “ロシュ・ハシャナ:Rosh Hashana”

  1. ヴィヴィアン より:

    アメリカのアカデミックの大部分は
    jewishが占めてますね。東海岸では
    特に感じました。私の恩人もそうです。
    アメリカは歴史が浅いといわれますが
    人々は深いのですね。。。

  2. Emiko より:

    ヴィヴィアンさん

    私は、jewishの知り合いがいないのでよくわかりませんが
    東海岸は確かに多いですよね。
    B先生は、去年もこのケーキを焼いて持って来てくれたんです。
    亡くなられたご主人がjewishと言っていました。

Leave a Reply

Leave a Reply

or chancel



Ads by Sitemix